ペーター・シュミット

ラインヘッセンの南部、プリム川を挟んでファルツと隣接するフレーアスハイム=ダルスハイムに居を構え200年以上になる家族経営醸造所。
父ペーターと息子ダニエルは、モンスハイムなどにある15hの畑を2010年にビオ転換し、現在デメターに加盟しています。
発展途上を象徴するリースリングの酸はクリスピーで勢いがあり、クラシックなシュペートブルグンダーはシャキッとした奥に丸みとミネラルが潜みます。
意欲的なダニエルは、ラインヘッセンで初めてジョージアのクヴェヴリ(甕)でワインを仕込みました。
2013、2014年のヴァイスブルグンダー・オレンジワインは別世界です。


 

2015 リースリング カルクメルゲル トロッケン

2015 リースリング カルクメルゲル トロッケン

新進気鋭のビオ生産者が醸すピュアワイン。...

3,240