ホルスト・ザウアー

22才からワイン造りに取り組んだホルスト・ザウアーは、80年代半ばから90年代にかけて知名度をぐんぐん上げ、今やフランケンを代表する生産者となりました。
所有面積は15ha、38%ジルヴァーナー、23%がミュラー・トゥルガウ、15%リースリングです。
1996年に初めて訪ね、まずミュラー・トゥルガウの美味しさに驚かされました。堅固なイメージのフランケンにあって一貫したエレガントさが強く印象に残っています。そして特筆すべきは甘口ワイン!90年代より熱心に取り組み始めた彼のアイスヴァインや貴腐ワインはドイツトップクラスの高い評価を受けています。
1999-2000フランケンワイン女王だった娘サンドラは、南アフリカやオーストラリア、ニュージーランドなどで経験を積み、2005年より醸造に加わっています。


 

1998 エシェルンドルファー ルンプ リースリング アイスヴァイン 500ml

1998 エシェルンドルファー ルンプ リースリング アイスヴァイン 500ml

1998年11月22日早朝の気温マイナス11℃で収穫されたワインです。...

21,600